【著書】「どの子も輝く教室のつくりかた」(明治図書)

ちょっとした発見を楽しむ

ちょっとした発見を楽しむ

なんだか梅雨を思わせるような蒸し暑い日中でした。

太陽がのぞくと更に暑くなって気温も高め。

それでも朝晩はグッと気温が下がる大日向。

ちょっとした時間に外へ出て作業をします。

一輪車を取りに行ったら、小さな花を発見。

「あれ?野に咲く花なんだろうか?」

「なんか見たことあるけど?」

なんて思いながら眺めつつパシャリ。

小さな花です。

「これブルーデイジーに似ている」

「でも、こんなところに誰か植えたのかな?」

「春と秋に咲く花だからきっとそうだよね」

なんて頭の中をグルグルと思考が巡ります。

これからの季節…

どんどん枯れ草が増えていく。

そんな中で小さな花が咲いていたりすると嬉しいものです。

山を見上げると紅葉も少しずつ始まっている。

「あれ?あの木って紅葉するんだな」

いろんな変化を楽しめる季節でもある。

何か新しいものとか、他の場所とか…

考えなくても、ちゃんと楽しみは身近な所にあるものですね。

さあ、明日はどんなものに出会えるかな。

楽しみにしておこう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました