新緑の季節へ向かう大日向にて。

新緑の季節へ

一気に新緑の季節へ向かう大日向へ。

日中は暑いくらいで半袖でも十分です。

そんな中、学校の敷地内を歩いてみたり、荷物を下ろしたり…

地域の人たちや役場の人たちと話したり…

さらに、あちらこちらを見て回る。

地区によっては田んぼに水が引かれていて田植えの準備中。

この辺りは5月20日頃から田植えは始まるらしい。

川の向こうの斜面では山菜を採る人たちもいる。

よくよく眺めてみればワラビもあればフキも出ている。

フキは大きく3種類が出るのだそうで人気があるそうです。

さらに、食べられる野草が出てくる時期でもあります。

雪国生まれの両親のおかげもあって山菜類は少し知っている。

ワラビ、タラの芽、コゴミなど…

春になったら毎年のように津南と会津から送られてくる。

野草もノビルとかカンゾウ、ヨモギくらいは分かる。

そういえば、一度だけ担任した2年生で野草料理に挑戦したことがありました。

川の近くの野草を採って、ゆでたり、天ぷらにしたり…

ビックリするほど美味しい野草もあったことを思い出しました。

でも、ハッキリ言って知らない野草がたくさんある。

まあ、これからですね。