粗にして野だが卑ではない。

粗にして野だが卑ではない

13年前、市の教育センターへ出向して間もなく教育長からいただいた本です。

「権威には人ために使うものだぞ!」

口癖のように語ってくれていた尊敬する大先輩です。

そんな教育長が、研修指導主事なりたてのボクにくれた一冊です。

「え?国鉄総裁が国府津に住んでいたのか?」

とか…

「何だか真っ直ぐな人だな。」

なんて思いながら読んでいたのを思い出します。

石田総裁はとても現場主義な人です。

自分たちがどうのこうのではありません。

「乗客にとってどうなのか?」

そんなことを常に考えて、迅速に行動する人。

そして、勲章も拒否するというくらいに称号なんてどうでもいい人(笑)

それって、とても凄いことです。

「国鉄総裁だったから…」

なんて偉ぶらないのですよ。

そして、言いたいことは言う。

国鉄も労働組合との対立が激しい時代がありました。

そんな時にも真っ向勝負するのが石田総裁の凄いところです。

先生たちにもオススメの本です。