「信玄餅アイス」を食べながら考えたこと。

桔梗信玄餅アイス

桔梗信玄餅アイスをいただく。

信玄餅といえば、きなこに黒蜜、餅が定番なんだけど…

まさか、こんなアイスがあるとは思いもしませんでした。

「これ、美味しいよー!山梨が近いんだからあるでしょ?」

と紹介してもらい、昨日、中央高速道境川PAでいただいたのでした。

「信玄餅」という軸はぶれることなく、きなこがかかかった餅と黒蜜。

アイスなんだけど、これはやっぱり「信玄餅」

黒蜜は底の方にあるので、ちょっと味わうには工夫が必要。

じっくりと溶かしてから食べると美味しそうです。

慌てるボクは、程よく溶けるのを待てませんでしたけどね(笑)

できる限り溶かしつつ食べたら、もっと美味しいはずなのに…

ふと考えたのです。

信玄餅には信玄餅の流儀があるはずだと…

工場で食べることができる「信玄餅ソフト」も最高に上手い。

いろんなバリエーションがあるのに…

ぶれないのは「きな粉と黒蜜、そして餅」はワンセットだということ。

どれか一つが欠けていたら美味しくはないでしょう。

じゃあ…

世の中にある組織は、ブレずに「信玄餅」のようなことができているのでしょうか。

「○○といえばコレだよね!」

って分かりやすい軸はあるんのでしょうか。

これって自分自身にとっても同じことが言えます。

どんな小さなことでもいいから…

「○○といえばコレだよね!」

って言われたら最高に幸せかもしれません。