【発売中】「どの子も輝く教室のつくりかた」

首相辞任と自立と鷺草と…

若者たちの未来と鷺草と

酷暑が続く日本列島。

午後になって「安倍首相辞任」の報道で世間はざわつきました。

在任期間(まだ終わってないけど)にいろんな疑惑もあったし、大きな災害もありました。

そして、まだCOVID-19の渦中にある。

まあ、いろんな批判はあるけれど、まずは本当にお疲れ様でしたとお伝えしたい。

一国のリーダーを努める安倍首相とて一人の人なのですから。

戊辰150周年記念事業|義の想い、つなげ未来へ。
平成30年(2018年)は会津戦争終結から150周年を迎える節目の年です。会津若松市では、幕末を起点とした明治・大正・昭和・平成における会津の歴史的意義の再認識を図る重要な機会と捉え、様々な記念事業を開催してまいります。

2年前は「明治維新150年」ではなくボクらにとっては「戊辰150年」だった。

↑ここはどうでも良さそうだけど、会津にとってはそうじゃない(笑)

ボクには会津人の血も流れているので、複雑な思いを抱きながら政権を見てきた。

かと言って、ネット上にあふれるような戯れ言は並べたくはありません。

安倍首相が成し遂げられなかったこともある。

でも、それって本当に政権の力なのだろうかって思うのです。

ボクら国民一人ひとりの力でもあるのではないか…

できなかったことだけに焦点を当てて徹底的に叩こうとする人たちがいる。

もちろん、本当に声を上げて実際に活動をして批判する人たちはいるんだけど…

ただ、ネット上で批判だけを繰り返す民やメディアの姿勢には納得いかない。

世の中、何か不穏な空気が流れると、どうしてもボクらは誰かのせいにしたくなる。

上手くいかない理由を他者や世の中のせいにしていても何も変わらないのにね。

こんな時代だからこそ、自分の頭で考えて行動する必要性が更に高まってくる。

誰かのせいにする前に、自分ができることは何なのかを徹底的に考えたいものです。

そして、何よりもカッコ悪くても行動すること。

個々が自立したプレーヤーであれば、この国だって世の中だってよくなるはず。

そう信じてボクも命を燃やしたいと思います。

今日は、会津人である母の誕生日。

ばあちゃんから受け継いだ鷺草は今夏も咲いています。

会津の祖父母も8月生まれだったので、毎年のように生き方を見つめ直す月でもある。

世の中は、さらに混迷を極めそうだけれど、ボクはボクでやれることを全力で!

平和な世の中が続きますように。

雑記
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました