自分自身のデフォルト(初期設定)を見直してみる。

デフォルトでいいんじゃない?

朝から気温も高くなり日中は夏のような暑さでしたね。

秋晴れではありますが…

久しぶりにじっくりと自宅PCをメンテナンスする一日にしました。

全くもって頑張らない日(笑)

日頃、持ち歩いているのはMacbookProなのですが自宅ではWindows10がメインです。

母艦となっているPCは2007年に購入したGatewayのマシンを延命したもの。

SSDを換装したり、メモリを増設したり、グラフィックボードを交換したり…

ラジオ小僧だった少年時代の好奇心がふつふつと湧いてきた結果が現れています(笑)

そして、こちらのサイトを動かしているWordpressの設定も改めて見直しました。

結論からいうとデフォルトに近いものに戻してみたのです。

どこが違うか分かる人は凄いです。

デフォルト
コンピュータで、あらかじめ設定されている標準の状態・動作条件。初期設定。初期値。

ふと思ったのです。

何かを始めるとどんどん面白くなってきます。

PCを分解してみたり、新しいパーツに交換してみたり…

それはそれで楽しいし効果も現れるのですが肝心なのはCPUの性能。

自動車だったらタイヤやマフラーを交換しても効果はあるけれどエンジン性能が大切。

要するにデフォルト状態が、そもそもどうなっているのかってこと。

どんなにいいゴルフクラブを振ったところで、いいスイングをする身体がなければだめ。

どんないいシューズを履いたところで、スムーズに走れる身体がなければ効果はないのです。

オプションをつけまくったところで性能は大してあがらないのです。

よく撮影する道端の花たちを眺めるのが大好きです。

自然界にオプションはありません。

花たちだってデフォルトのままで咲いています。

風が強かろうが大雨が降ろうがオプションなんて用意しません。

ただ、見えないところで大地に根っこをしっかりと生やしています。

人はついつい自分を大きく見せようとするものです。

ボクだって、教師として、コーチとして、父として…

ちゃんとしなきゃって思いがあるからなのか、オプションをたくさんつけてしまう。

でもね…

デフォルト(初期設定)の自分を良く理解できないと自分が自分じゃなくなるんです。

そんなわけで…

定期的なメンテナンスを心がけようと思います。

自分自身のデフォルト(初期設定)って戻せなくなったら困りますもんね。