哲学的思考と早稲田の杜

早稲田大学大隈記念講堂

土曜日の午後は早稲田大学にて「哲学」にふれる時間をいただきました。

新宿駅は相変わらずの混雑、ドリブルして相手を抜き去る気分ですり抜けます。

高田馬場からは大学までは3つのルートがあります。

駅の目の前にあるバスを利用して正門へ行く。

東西線で早稲田駅まで行って徒歩。

高田馬場から西門を目指して徒歩。

時間もあるので高田馬場から徒歩を選択しました。

あれこれと考えながら歩いていると西門に到着。

「あれからどうしてるんだ?元気にやってるのか?」

銅像脇を通過するときに大隈公に尋ねられた気がします。

「うーん?どうなんだろなあ?」

と思いながら3号館へ入ります。

「子ども力を伸ばす哲学的思考(苫野一徳先生)」

ほぼ1年ぶりの再会にワクワクしながらエスカレーターを上がります。

200名という熱気あふれる会場で苫野先生は語り続けてくれました。

話を聞きながら自分と重ね合わせてみると、なかなか面白い。

「火の鳥」はボクも読んでいた。

「お前らとは違うんだ!」なんて生意気な頃もあった。

「宇宙の果てには何がある?」と友だちと延々と語り合った。

みんな同じような経験をしているのだなと実感。

「欲望」「価値」「承認」の話もタイムリーでした。

「信念」=「欲望」ってのも分かるなあ(笑)

苫野先生は「哲学」を軸に人生を歩んできた。

ボクの場合は、「スポーツ」が軸となって生きている。

長い目で見れば人生も浮き沈みが激しい。

学生時代の話を聞きながら、自分史が頭の中を駆け巡っていきました。

ところで「哲学」ってなんだろう?

物事や問題の「本質」を洞察し続けること。

「本当にそうなのか?」を問い続けることが大切。

科学的に正解と言われるようなことも疑ってかかる。

「一般的なことに自分は当てはまりそうもないけどどうかなあ?」

なんて問い続けることも必要ですよね。

そして…

まずは「ありのままの自分」を承認することからかなあ。

「哲学」を通して自分をより探求しなくちゃと強く思うのでした。

ごちゃごちゃ書きたいことあるけど、今日はこの辺で。

止まらなくなりますから…