【著書】「どの子も輝く教室のつくりかた」(明治図書)

これからの公教育を考える。(福岡から浦安へ)

福岡空港から

昨日の興奮冷めやらぬ福岡の朝は快晴でした。

多くの先生方に刺激を受けて目覚めた朝、福岡は快晴でした。

博多駅から地下鉄で福岡空港へ。

離陸する前に午後のイベントで話すことを再確認しながら搭乗を待ちます。

予定時刻より少し遅れて搭乗開始。

2次元バーコードで簡単に通過できるはずが、なぜかWalletと干渉して通過できず。

「おいおい、さっきまでは快調だったのに何でだろう?」

ちょっと慌てていたら、別の機械でスキャンしてもらい無事に搭乗(汗)

飛行機も定刻通りに羽田空港へ着陸。

さて、羽田空港へ到着したら新浦安までのルートを探さないといけない。

事前に教えてもらったバスもいい時間のものがない。

でも、Googleで調べたら別のルートが示されました。

行き先はなんと「東京ディズニーランド」(笑)

舞浜駅前

湾岸線はガラガラで、あっという間に到着します。

乗客は全てディズニーランド方向へ向かいますが、ボクは残念ながら駅方面へ。

舞浜駅から降りてくる人たちはペアルックで歩くカップルとか家族連れとか…

なんだか羨ましいけれど京葉線へ乗車して新浦安駅へ。

初めて降りる駅ですが駅前にイオンがあって、その中に市民センターが併設されている。

商業施設と市民センターのコラボってのもなかなかいいのんですね。

参加させていただいたイベントはこちら。

「グローバル時代の新しい公教育について語ろう!」

13時30分 開場
14時 開会挨拶
14時〜14時45分 リヒテルズ直子講演
イエナプラン: グローバル時代の新しい公教育
ー市民による市民のための市民をつくる教育を目指してー
14時45分〜15分休憩(交流)
15時〜16時15分 パネルディスカッション
ー日本の教育改革に際し、イエナプランから学べること、イエナプランが問いかけていることー
門脇厚司(つくば市教育長)
久保礼子(日本イエナプラン教育協会代表理事)
桑原昌之(学校法人茂来学園大日向小学校校長
中川 綾(佐久穂町イエナプランスクール設立準備財団代表理事)
モデレーター:リヒテルズ直子
16時15分〜16時45分 質疑応答
16時45分 閉会

(日本イエナプラン教育協会千葉支部、こんな学校にしたい会)

満員の80名の皆さんの熱気に包まれて後半は登壇させていただきました。

ちょっとワクワクとドキドキが混ざっていましたが思いの丈を話すことができた気がします。

「学校をスタートするために、どんな自分でありたいか?」と問われる時間。

ここでもやはり大切なことは一つでした。

「一人ひとりの物語を大切にする。」

肝に銘じて歩みたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました