命が繋がるということ。

命が繋がるということ

9月に入りました。

早朝から佐久穂町では防災訓練があり、私も地区の訓練へ参加。

訓練後、長野県と新潟県の県境にある津南町へ。

私の父方のルーツです。

ボクが大学生の時に亡くなった祖母の33回忌。

千曲川の源流近くから信濃川の畔へ行くのも不思議です。

子どもの頃、神奈川から津南へ行くのは大変でした。

列車で行くにも自動車で行くにも遠かった。

子どものボクにとっては乗り換えもあるし時間もかかるので長旅。

そんな旅の疲れも親戚の皆さんの笑顔で吹っ飛んだものです。

叔母さんたちも高齢となりましたが相変わらずの優しい笑顔。

叔父も相変わらず元気そうでホッとしました。

どんな時だって温かく迎えてもらったことばかりを思い出します。

仏壇の横に飾ってあるけれど、会ったことのない祖父の写真。

お寺に飾られた祖母の写真に胸がいっぱいになりました。

この二人が厳しい雪国の暮らしの下で父を誕生させなかったら…

もちろん、ボクはいない。

津南町では檀家衆がいちばん多い菩提寺である龍源寺での法要。

曹洞宗 深見山 龍源寺
新潟県中魚沼郡津南町 曹洞宗 深見山 龍源寺

子どもの頃から見ているのに中に入ったのは初めて。

みんなで読経したり、ありがたいお話をきいたり…

そういえば祖母の葬儀の時には5人も僧侶がいたっけ。

そんなことも思い出しながら参列させていただきました。

命が繋がるっていうことは本当に凄いことです。

いろんな人たちに支えられて2019年9月1日のボクはいる。

明日から2学期が始まります。

精一杯、つとめさせていただきます。

津南
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました