【3月初旬発売】「どの子も輝く教室のつくり方」

先が見えなくても少しずつ歩む

雲に覆われた富士山

台風19号の影響は、まだまだ続いています。

これからグッと寒くなる長野はどうなるのだろうか。

我が家のルーツでもある信濃川に続く千曲川水系が氾濫。

日本一長い川には大量の水が流れ津南の田畑も浸水してしまったとのこと。

さらに、もう一つのルーツである福島でも阿武隈川水系が氾濫。

こちらもどうなってしまうのだろうかと本当に心配です。

去年の5月からお世話になっている上流の佐久穂町も被害は甚大。

そして、神奈川も箱根など山沿いに大きな被害が出ています。

これから観光シーズンを迎える箱根登山鉄道も復旧の見込みは当面なし。

いったい何が起こったのか…

夢なら夢であってほしい台風19号から一週間。

なんとも言えない虚脱感も襲ってきます。

「ボクは大丈夫」

そう思っていたけれど、結構しんどいなって感覚があります。

子どもたちにも地域の皆さんも安心して過ごしてほしい。

ボク自身も安心して過ごしたい。

やれることを少しずつやるしかない。

一気にジャンプできるようにはならないし、速くも走れない。

だからといってプレーすることを諦めないメンタリティを思い出す。

今、この瞬間にできることを全力でやる。

まずは、自分自身が元気でいること。

無理しちゃいけない。

そんなことを思う日曜日の夜です。

みんなで乗り切ろうね。

タイトルとURLをコピーしました