子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

美しい夕焼けと今日という一日

美しい夕焼けと今日という一日

昨日は不覚にも休むことになりましたが、おかげさまで復活!

朝の職員サークルを終えて子どもたちを玄関で出迎えます。

下学年の子どもたちは、いつものように入って来ます。

上学年の子どもたちは、「お!来たなー!」という感じで話しかけてくれます。

遠くからニヤニヤと笑いながら近づいてきて、

「治ったの?よかったね。でも、オジさんなんだから無理しちゃだめだよ。」(笑)

なんてことを言って通り過ぎる子もいて、なんだかありがたい気分になりました。

毎週水曜日は半日で学校はおしまい。

ランチタイムの後、帰りのサークルをして下校となります。

「明日はハロウィンだねー。楽しみだー。コスチューム着てね(汗)」

なんて言いながら子どもたちは家路へ。

そうそう、今日はUDSメンバーも来てくれて話ができて嬉しかった。

午後の職員研修は、先週の「あすチャレ」に続き根木さんのお話でした。

根木さんの話を通して「障がい」とは何か、「生きる」とは何かを考える。

ボクにとっては、そんな時間でした。

紹介してもらった動画の中で印象的だったものがこちら。

「あー!こういうことか!」

子どもたちを観る視点もより進化しそうな気がしてきました。

終了後には、根木さんを佐久平駅まで送らせてもらいました。

そこでも、いろんな話ができて御縁の大切さを再認識。

そうだよなあ、銀座で会ったのが最初だったよなあ。

そして、大学院でお世話になった先生との繋がりも深い。

まさしく御縁です。

明日も頑張ろう。

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

子どもたちを笑顔にする前に、
まずは大人たちが笑顔でいよう!

第4期(8月)クルー募集中!

子どもと大人が笑顔になるパーソナルコーチング

「チャレンジ」「リスペクト」「スマイル」
をあなたに

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました