花冷えの大日向と混ざり合う子どもたち

花冷えの大日向と桜

気温が高めで霧がかかる水曜日の朝となった。

桜は今が見頃だろうか。

青空だったら美しさも倍増となるだろうが、霧もまたいいもんだ。

今日も子どもたちがやって来る。

みんなそれぞれの物語の中で登校してくるのだ。

嬉しいのは笑顔が多いってことかな。

まだまだ緊張感もあるのかもしれないけれどニコニコ笑っている。

子どもたち同士、それぞれの距離を計っている時期でもある。

それでも今までの積み上げがあるからなんだかスーッとなじんでいる。

これは異学年のなせる業なのだろうなって思う。

新しい仲間たちがいても、ごく自然に受け入れる空気感がある。

「きみ何年生?」

なんて言葉を聞くこともない。

その子はその子なんだってことだよね。

特徴的なのは遊びの時間に現れる。

ここでも学年なんてごちゃ混ぜでよく遊ぶ。

ドッジボールに中学生から下学年が混ざっているのって面白い。

でも、これが大日向のごくごく自然な光景なんだよなあ。

よくある公立小学校の遊びの時間とはワケが違う。

必死にダッシュしてドッジボールのコートを足で描いて陣取る。

「ここはボクたち○年○組の場所だからな!」

なんてこともないしね。

なんとも微笑ましい光景を毎日のように見せてもらっている。

そんな子どもたちには感謝しかないんだよなあ。

夕刻には空気が入れ替わって花冷えとなった。

今夜はストーブが必要だな。

タイトルとURLをコピーしました