【3月初旬発売】「どの子も輝く教室のつくり方」

雪の茂来山を仰ぎながら年末の仕事

雪の茂来山の麓にて

朝からどんより曇り空の1日でした。

大日向小学校から見える茂来山も先日の雪で真っ白です。

こちらは北斜面なので春先まで雪が融けることはありません。

降雪量は少ない地域でもあり、どちらかといえば関東と同じ晴天が続きます。

でも、氷点下は当たり前の寒い地域です。

明後日から年末年始の休業となるため、水回りのチェックをする午前中。

水道管が凍結しないように水抜きをする必要があるのです。

いろんなところに水抜きの操作盤があるので忘れずに操作しないといけません。

明日は、水道の本管を閉めてから休業に入るため、そのための準備も…

この地域ならでは冬のお作法があるものです。

午後は、教頭先生と共に茂来館や佐久穂町役場などへ挨拶回りへ。

今年は、無事に開校を迎え地域の皆さんと共に歩めたことはいいのですが…

台風19号がやって来て大きな被害も出てしまい冬を迎えました。

「今年はいろいろあったけれども、来年もよろしくね。」

そんな声をかけていただく度に涙が出そうになりました。

本当にいろんなことがあったのです。

いよいよ2019年は明日で最後の出勤となります。

しみじみと最終日を味わいたいと思います。

皆さん、いつも本当にありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました