【発売中】「どの子も輝く教室のつくりかた」

流れに身を任せつつ復活を待つ

流れに身を任せつつ

3月に入りました。

報道は「新型コロナウィルス」「一斉休校」の話題で持ちきりです。

とても残念な状況であることは間違いがありません。

そして、ボクの体調も下降気味。

風邪の症状と腰が痛むのです(汗)

こんな時は静かにしているほかありません。

川の水が重力で自然に下へ下へと流れるように。

力をいれることなく、抗うことなく、静かに過ごしていたい。

身体が欲するままに水を飲み、食物を口に入れて眠る。

「只管打坐」
禅宗の用語で、雑念をいっさい捨て去って、ただひたすら座禅を組み、修行すること。ただひとすじに、一つのことに集中すること。

ボクの日曜日は「ただひたすら休む」ということ。

そんなわけで、この記事を書いているのは2日朝。

調子が悪くなると「禅」の本を取り出してページをめくることがあります。

我が家は曹洞宗に御縁があるという単純な理由です。

でも、これがなかなかいいのです。

「禅 ZEN」という映画の一節

汝の中に仏はいるのだ。
欲があるから仏は見えぬ。
だから座るのだ。
さすれば自分の中の仏と出会える。

この言葉も好きだなあ。

体調が下降気味の時には、欲することもシンプルです。

自分の中から何かが湧き上がるまで待つ。

そうそう、こんなことも考えた。

「世の中をよくしよう」とか思っているうちはまだまだなんですよね。

キングカズは、ただサッカーが好きでやっている。

「世の中のために」ではないんだよね。

さあ、少しずつ復活していこう。

雑記
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました