子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

小さなことから始めよう

小さなことから始めよう

梅雨が近づいてるような湿気の多い一日。

なんだか蒸し暑い大日向でした。

5月初旬は桜が咲いていましたが、すっかり新緑の季節になりました。

学校のあちらこちらは花盛りです。

池の周りで、とても小さな花を見つけたのでパシャリ。

小さくても存在感がある。

小学生でいえば1年生のようなサイズ感であり元気いっぱい。

ところで…

1年生で入学してから6年生で卒業するときのイメージは鮮明かなあ。

ちょっとそれは難しいかもしれない。

じゃあ、せめて3月の終わりの姿をイメージしたい。

どんなふうになっていたらいいかな。

そのイメージが鮮明であればあるほど、子どもたちへ関わり方がグッと深まります。

あとはゴールへ向かって子どもたち一人ひとりと前進していきます。

ちょっと気をつけたいのは、一気にゴールへは到達しないってことを自覚する。

これついつい忘れちゃうのでスモールステップで歩みたい。

そのためにも、毎日のコミュニケーションは欠かせないんですよね。

なんでもそうだけど、小さな事の積み重ねを大切にしたい。

タイトルとURLをコピーしました