【発売中】「どの子も輝く教室のつくりかた」

通常登校スタートの5日間を終えて

通常登校の5日間を終えて

大日向小学校は今週から通常登校となりました。

子どもたちは、毎日のように学校へやって来ます。

とても楽しそうに過ごしていたけれど、とても疲れたんじゃないかなあ。

おひるごはんは全員が揃って食べるというわけにはいかず…

クラスによってお昼前後の時程が変則的になっています。

分散登校の時から少しずつ練習してきたこともあり動きはとてもスムーズです。

4月から長らくオンラインでやって来て、画面越しにお互いを知る。

そして、週1回、週2回の分散登校を経て関係性を少しずつ築いてきた子どもたち。

なんだかずっと一緒にいるようにワイワイと楽しそうな姿があちらこちらにあります。

「おー!こんなところまでやっているんだねー」

それぞれのペースで学びを進める姿があります。

ヘッドフォンをしてiPadで説明の動画をみる動きもスッとできちゃう。

1年生だからとか、あんまり関係ないんですね。

新入生で困っている子がいたら、ササッと寄って助ける去年からの在校生の姿がある。

このスムーズな感じってなんなんだろうか。

もちろん、まだまだ緊張感がある子たちもいる。

人数も100人を超えた学校になっているわけですから戸惑う子たちもいるでしょう。

内心ではさまざまな葛藤があって、それぞれのチャレンジがあるのだと推察します。

いろんな子たちと交わって、ぶつかって、笑って成長を続けるんだろうなって思うのです。

夏休みまで1ヶ月しかありませんが、思う存分、楽しんでほしいって思います。

みんな、おつかれー!

タイトルとURLをコピーしました