SMILE TEACHERS COLLEGE 2022 第2期開催中!

幸せな教室をつくるのは誰か?

幸せな教室をつくるのは誰か?

昨日の雪で首都圏の交通網は混乱。

首都高速道路は凍結の影響で通行止めが続いた金曜日。

近隣の市町では今日から3学期が始まったところも。

ほとんどが来週11日からのスタートとなります。

最近…

というかずっと考えていること。

「幸せな教室をつくるのは誰か?」

いきなり答えを言ってしまうと…

「そこに関わる人みんな」です!

例えば、学級の児童が30名いたとします。

担任は1名なので31名。

そこに学年が3クラスならば担任以外の2名が加わる。

さらに、学年付きの先生が1名とか…

よくあるパターンです。

そう考えると1クラスに34名の仲間がいます。

でも…

これだけではないんです。

学校中の先生たちがいる。

さらに…

子どもたちの家族がバックアップしてくれます。

親だったり兄弟姉妹だったり…

そう考えると推定100名から150名の共同体なんですよね。

昨年…

「ガチャ」なんて言葉が流行りました。

初めて耳にしたときにはビックリしてしまいました。

正直言って嫌だなって…

「今年の担任は当たりだよねー!」

なんて言葉をよーく耳にすることもあったからです。

たしかに子どもたちが笑顔で帰って来れば安心ですよね。

でも…

偶然に出会った。

経験年数もバックボーンも全く違う先生たちがいる。

神様の思し召しで偶然に出会った。

「運が悪い」とか言わないでほしいのです。

さらに…

「今年のクラスは最悪だよ。あの子がいるからさー」

なんて残念な言葉を職員室で耳にしたこともあります。

ちょっと待ってください!

「こんな戦力じゃ戦えない」

とか言っている残念なリーダーそのものではないですか。

サッカーで言えば…

「ピッチ状況が悪いから満足なプレーができない!」

「十分な補強ができなかったから戦えない!」

なんて言っているのと同じです。

プレミアリーグのように華やかじゃなくていいじゃない。

J1じゃなくたってJFL、地域リーグだっていいじゃない。

みんな未熟で完璧なことなんてないんだから…

そこにいる人たちで「幸せ」をつくる。

そんな心持ちで望んでくれたら嬉しいです。

もう一度、言います。

「幸せな教室をつくるのは、そこに関わる全ての人々です!」

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました