【発売中】「どの子も輝く教室のつくりかた」

自然の恵みをいただく(杏仁子)

ウワミズザクラの実を収穫

早朝、3時台に目覚めるという日曜日の朝。

6時から地域の草刈りへ参加して、3時間ほどブイーンと草刈り機を回してきました。

いつもだったら昼過ぎから飲み会もあるのに、今年はないのが残念…

大日向小学校の敷地に旧大日向保育園の通路を使って戻るところにウワミズザクラがあります。

お花の話はこちら↓

白いブラシのような花の名前は
1ヶ月前は雪も降っていた大日向。 今日は夏を思わせる暑い一日でビックリします。 桜が散ったかと思ったら一気に山々の緑が増してきて、まるで新緑の季節。 そんな自然を子どもたちと観察できたら楽しいのにね。 さて今...

5月11日には、こんな白い花が咲いていて蜂がブンブンと飛んでいたのでした。

「塩漬けにチャレンジしたいなあ」

そんなことを思っていたのに実ができて一番いいころには眺めるだけ…

「まだ大丈夫だろう」

そんなふうに思っていたのですが、確認したら収穫するタイミングを逃しそうな感じ。

ということで昼過ぎに袋を片手に摘み取ることにしました。

もっと実がたくさんついている頃には天ぷらでも楽しめるという情報もあるけど…

とにかく塩漬けにチャレンジしたい。

小さめの袋ながらいっぱいになったので収穫は終了。

葉っぱが着いているので取らないといけません。

といことで心地よい風の吹く庭先で一粒一粒ていねいに取っていきます。

新潟では杏仁子と呼ばれる

なぜだか父の故郷で目にした親戚のばあちゃんが枝豆を玄関先で取っていたことを思い出す。

米もそうだけど、刈り取って終わりじゃないし…

こういう種類の実も一粒ずつ丁寧に取らないといけないし…

口に入るまでには、いくつかのプロセスを経ないとダメなんですよね。

さて…

「塩漬けなんてしたことないんだけどね」

というわけで、いくつかググって見よう見まねでチャレンジです。

杏仁子を洗って水気を取って、瓶に入れたら塩を入れる。

15%ぐらいの分量がいいらしいので少しずつ…

この画像を見ると多めの気がするけど、まあ大丈夫だろう(笑)

杏仁子の塩漬けにチャレンジ

冷暗所にいて1週間もすれば食べられるようになるらしい。

ちょっとした酒のつまみになるしいので楽しみに待ってみよう。

どうなるかなあ。

ちょっとドキドキだけど、ワクワクしながら時を待とう。

明日からも頑張ります!

自然
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました