一杯のラーメンに刻まれた歴史

一杯のラーメンが目の前に。

丼の周りをチャーシューが覆っている。

その名も「ひまわりラーメン」

細く刻んである葱もアクセントになっている。

いつもの味なんだけども…

今日は、このラーメンに刻まれた歴史を感じずにはいられませんでした。

ここの店主との付き合いは53年になります。

ボクが小さな頃から、いろんなことをやっていた。

富士通に勤めていたのに喫茶店を構え最後はラーメン屋に。

店だけでなく首都圏やアジア各国のイベントにも出かけていた。

祖母が他界した時にはバンコクにいて緊急帰国。

車で1時間ほどかかる新幹線の駅へ迎えに行ったことを思い出します。

やがて大きな店から、より自宅に近い所へ店を移す。

ラーメンだけじゃなくて定食も始めた。

コロナ禍だって地元の人がやってくる。

「今は夜は自粛もあってやめてんだ」

と言いつつ…

「お客さん途切れないと疲れんだ。歳だからな」

そう笑う店主を見ながら…

「あと何回、ここで食べられるのかな」

そんなことを考えてしまうのでした。

人はやがて命を終えるのだけれど、なんか寂しいよね。

人生の大先輩たちと、もっと話をしたり遊んだりしておこう。

会いたい時に会えなくなるからね。

美味しいラーメンに感謝。

タイトルとURLをコピーしました