春と冬が混ざる茂来山を眺めながら

春に向かう茂来山

昨日は久しぶりに雨が降り夕方は雪にもなった。

それもかなりの量が降って大地を潤してくれたのが嬉しい。

でも心配なこともあった。

雨が降って氷点下になれば路面が凍結するからだ。

「明日はツルツルなんだろうな。バスは大丈夫かな?」

そんなことを考えながら朝を迎えた。

カーテンを開けると路面は乾いている。

気温は氷点下だけれど、昨夜は強風が吹いていたのも幸いしたようだ。

それでも、水たまりはツルツルした氷が張っていた。

「ここツルツルだー!」

なんて言いながら、かかとで氷を割ろうと試みる子どもたちもいる。

こんな姿がなんとも可愛いんだよね。

水曜日は、子どもたちと過ごす時間が長い。

ふとした瞬間に茂来山を眺めたら、雪の境界線がクッキリと出ていた。

「なんだかミックスソフトクリームみたいだな」

バニラとチョコが半々のやつね(最近、こういうの食べてないな)

そんなことを思ってパシャリ。

茂来山は、ずっと大日向を見つめている。

ここへ木造校舎が建った昭和3年はどう映っていたのだろうか。

満蒙開拓団へ向かう子どもたちや村民たちをどう見ていたのか。

平成5年に竣工された現在の校舎ができた頃の様子はどうっだったのか。

そして、令和になって再び「大日向小学校」という名のが学校が開校。

そんな姿をどう見ているのだろうか。

春と冬が混ざる茂来山を眺めながら、そんなことを考える水曜日。

明日は、複数の中学校をグルグルと回ります。

これはこれで久しぶりに校長としての仕事(笑)

さて、どうなることやら…

大日向小学校
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事をシェアして繋がろう!
KUWAMANをフォローして繋がろう!
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました