スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

春から冬へ天気急変の一日

賑やかな春の花たち

「今日はだんだん寒くなるらしい」

いつものように天気予報をJ-WAVEで耳にする。

「それじゃあ冬の服装で行こう!」

とインナーにもあれこれと着込んで玄関のドアを開ける。

「あれ?ちょっと気温高いじゃんね」

と思いながら学校へと向かう。

朝の職員サークルを終える頃には汗をかいていた。

「くわまーん、今日、暑くない?」

なんて言いながら子どもたちはやって来た。

ボクはインナーを脱ごうかと思うほど…

いつもの癖でベンチコートを着て外へ出ると確かに暑い。

校舎の中よりも校庭の方が暖かいという状況でもあった。

春の花たちも少しずつ賑やかになってきている。

これからどんどん緑が増えて花が咲くことを考えるだけで嬉しくなる。

ところが…

昼過ぎから少しずつ雲行きが怪しくなってポツリとポツリと雨が降ってきた。

子どもたちが帰る頃にはしっかりと降っている。

「傘がないからバスまで一緒に行ってくれるー?」

そんな子どもたちを傘の下に入れて歩く。

バスチェックをしていたら「相合い傘だー!」と嬉しそうな男子ふたり(笑)

小さな傘の中に収まりながらバスに乗り込んでいった。

なんとも可愛い姿に笑ってしまった。

夕刻に大日向地区の区長さん宅へ配付物を持って行く。

予報どおり外は雪になっていた。

「こんな雪の中でご苦労様です」

なんて言葉が何とも嬉しい。

地域の皆さんの応援があってこその大日向小学校でもある。

そんなことをいつも地域では実感するのだ。

明日の朝は真冬へ逆戻りらしい。

ということは路面凍結が心配だ。

みんな気をつけて上がってきてね。

タイトルとURLをコピーしました