スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

「第2回卒業を祝う会」を終えて

大日向小学校第2回卒業を祝う会

穏やかな春の日。

新型コロナウィルス感染症にも振り回された2020年度の最終日。

3名の卒業生を送り出す「卒業を祝う会」が開催された。

子どもたちのアイデアを生かしながら会場づくりがあって…

当日の進行も堅苦しいものではなく、卒業式の練習なんて一切ない。

「校長先生の言葉」なんてことも進行表にはない。

もっとも式次第なんて壁にも貼っていない。

卒業生と家族が共に座るベンチが最前面にあり…

その後ろに上学年の子どもたちが座っている。

教職員はというと、周辺に立っている。

音響だったり、カメラ担当だったりとあちらこちらでそっと動き回る。

本来ならば、ここに下学年の子どもたちも一緒にと思ったけれど教室から参加。

会場の様子をzoomで見るということになった。

それでも証書授与とかはキッチリとある。

証書授与はボクの大切な役目。

それぞれの子どもたちのペースに合わせて、それでもしっかりと手渡せた。

昨日も書いたけれど、子どもたち一人ひとりに物語がある。

そして、家族一人ひとりにも物語がある。

だから思わず涙がこぼれる瞬間を迎えることにもなる。

「それぞれが思いをもって大日向小学校へやって来た。ありがとうございます。」

そんな気持ちで会を終えた。

会場を片付け終えたら各ファミリーグループの様子を見て回る。

そこにも一人ひとりの物語があった。

最終日にお休みとなった子にも思いを馳せる。

みんな本当にいろいろあったよね。

お疲れ様でした。

感謝の言葉を添えて最後の登校日を終えたいと思います。

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました