スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

「ふきのとう」(工藤直子)を聞きながら

ふきのとうを音読

東の空が真っ赤に染まる朝焼けでスタートした火曜日だった。

雨が降りそうな空の下で子どもたちは今日も標高895mにある学校へやって来る。

毎朝、同じやりとりをする。

「今日はなにまーん?」

「えっとね…今日はチョコマンだ!」

「えー!チョコかあ。ホントだチョコの色がある!」

なるほど、ボクが履いているカラージーンズがチョコレートに見えたらしい(笑)

「チョコ?なんでまた?」

なんて笑いながら尋ねる子にはこう答えた。

「しかもベルギーチョコだよ!」

「え?なにそれ?」

なんて感じで朝がスタートする。

6つあるファミリーグループのサークルを見て回る。

今日もあちらこちらで面白い光景があった。

ボクには到底無理であろうギター演奏がある中で素敵な歌声が聞こえる。

「ドラムやりましょ!」

と長らく誘ってもらっているのだけれど踏み出す勇気がない(汗)

サークルが終わるとブロックアワーに入る。

公立の先生たちからすれば何それかもしれない時間だけれど…

子どもたちが計画を立てて学ぶ時間。

上学年(4年生から6年生)は前学年の学習の確かめがメイン。

これからの学習計画を立てる上でも大切な時間でもある。

個人差あれど全員が真剣に向き合っているのが分かる。

下学年(1年生から3年生)は1年生向けに特別メニューがちゃんと用意されている。

少しずつ計画を立てられるようになりそうだ。

2年生と3年生は、前学年の復習を中心に学習がスタートしている。

あちらこちらの教室を回っていると子どもたちに呼び止められる。

課題の中に音読があるからだ。

「くわまーん!音読きいてくれるかなあ?」

「いいよ!どこでやろうかね?」

ということで廊下にあるベンチで音読を聞くことになった。

「ふきのとう」は工藤直子さんの作品だ。

テンポ良く春の光景がバッチリとイメージできて好きな作品でもある。

春の訪れを喜ぶ感じがいい。

この辺ではちょうど少し大きくなったふきのとうを見つけられる。

ちょっと残念なのは、雪の下からじゃないってことかな。

それでも、実際の風景との繋がりも感じられて子どもたちの学びには良し。

自然豊かな土地だからこそ、教科書や本の世界と目の前の光景が繋がると嬉しい。

たくさん音読を聞かせてくれた子どもたちにも感謝。

明日はどんな楽しみがあるだろうか。

ワクワクして眠ろうと思う。

本日もありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました