【発売中】「どの子も輝く教室のつくりかた」

「ヴェルディ相模原vs湘南高校」神奈川県U-18サッカーリーグ

2013ヴェルディ相模原ユース

神奈川県U-18サッカーリーグK1 グループA ヴェルディ相模原2-0湘南高校

ヴェルディ相模原2013シーズンのK1初戦は、横浜スポーツマンクラブグランドにて。

新チームになってから初観戦。

どんなメンバーで戦っているのか、一人ひとりの特徴はなんなのか…

見所満載のゲームは、寒い中で昼過ぎにキックオフ。

ただ勝てばよいというわけではない…個人技の大切さを実感する

序盤、DFラインでボールを回しつつ前線へロングフィードを連発して「?」という感じでした。

サイドへ大きく展開する湘南高校のサッカーに戸惑いもあるのか、中盤の選手がボールを受けることができません。

とはいえ、個人技の高さが垣間見え…

囲まれても慌てない。

ロングボールもピタッと止まる。

時として前線へ出るロングフィードには、スルスルと複数のDFをひきずってマイボールにするFW。

相手が追いこんでこようと簡単にボールを回すDFとMF陣。

徐々にヴェルディ相模原ペースになり、先制点を奪います。

それでも前半は、らしからぬ「?」がいっぱいのサッカーで終了。

早めに追加点を奪わないと辛抱強いサッカーをする湘南高校に苦しむだろうと思われた後半。

ショートパスがつながるいつものリズムにギアチェンジ。

ああ、やっぱりこれなんだ…

高い個人技があるからこそ、こんなサッカーができる。

勝利至上主義で、ボカボカとボールを蹴っていてはやっぱりだめなんだ…

そんなことを再確認できるゲームでした。

少しずつ進化する次男

次男もラスト1年となりました。

できる限り、応援に行ってあげたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました