デザインすること【佐藤可士和の原点より】

ベンチのある教室

佐藤可士和さんの動画を観ました。

「デザインすることって大切だな」

と改めて考えさせられました。

デザインは表層ではなく本質

たしかに見た目だけ変えてもだめだということはわかります。

形だけ変えてもだめだということです。

そもそも何のためにあるのか?

教室のベンチだって、ただ置いているわけではありません。

自由にレイアウトしていいんです。

だから、子どもたちは勝手に動かして「まるつけコーナー」をつくってみたりします。

スポーツも同じですね。

「そもそも何のためにやるのか?」

これをしっかりと問いながらぶれずに進みたいものです。

形をつくり、きっかけを創るのがデザイナー

そうです。

きっかけを創るのです。

スポーツの現場でも教育の現場でもやることは同じですね。

[youtube]http://youtu.be/7zG_7m7Qjug[/youtube]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
教育イエナプランベンチのある教室小学校教諭の仕事
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

記事のシェアはお気軽にどうぞ!
フォローも気軽にどうぞ!
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました