✨️Challenge Respect Smile✨️

子どもたちがつくる教室という空間で

今日も富士山が綺麗に見えた丹沢・大山の麓。

あっという間に金曜日が来てしまった感が(汗)

気がつけば2月も折り返しを過ぎている。

おまけに28日までしかないのが2月。

ここから一気に加速度を上げて3学期が終わってしまうのです。

そんな教室の現在地を見つめ直す毎日。

子どもたちは本当によくがんばっている。

自らの学びに責任を持つということは簡単ではありません。

でも…

「一人じゃなくて、みんなでやるから大丈夫」

そんなことを背中で語る子どもたちが目の前にいるのです。

子どもたちの世界ですから、毎日のようにいろんなことが起こります。

何の問題もない教室なんてものはないのです。

問題は解決すべき課題。

みんなで考えて解決に向けた行動あるのみ。

「なんでだよー!いいかげんにしろよなー!」

と言いつつも次の展開を考えている子どもたちがいます。

それぞれの子どもたちが全力で目の前の課題に向き合っている。

ボクにはそんなふうに見えるのです。

とある子が書いてくれた「イケメンくわマン」

ひらがなとカタカナの混ざり方が絶妙です(笑)

とても嬉しい。

でも…

「イケてるのはキミたちの方だよ!めっちゃカッコイイ!」

そんなふうに思うのです。

それぞれのリスペクトを感じながらエキサイティングな毎日。

本当に感謝しかないのです。

ということで…

今週もありがとうございました。

桑原 昌之

スポーツと教育の現場で子どもたちの成長を見守り続けて来た教育研究家。教職員・保護者・スポーツ指導者向けの研修、ワークショップもしています。秦野市議会議員としても笑顔で活動中。
■詳しいプロフィールはこちら

\SNSをフォローする/
教育
ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
\この記事をSNSでシェアする/
タイトルとURLをコピーしました