【蹴球親楽】第14回:子どもがサッカーを楽しむために必要な3つのこと

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

たくさんボールを触ること

U-12市リーグが開幕、連勝スタートでいい感じです。

さて、今日のテーマは子どもがサッカーを楽しむために必要な3つのことです。

テレビ中継が頻繁にあり指導者、保護者の皆さんにもサッカー観を持っていたりします。

目が肥えてくるのはいいことですが、子どもたちのサッカーは大人とは違うのでご注意を!

1.ボールとたくさん遊ぶこと

なんといっても小さな頃からボールに触れる回数を増やすことが大切です。

翼くんの「ボールはともだち!」というまさにあれです。

ボールリフティングもとても大切なことで神経系のトレーニングとして有効です。

幼稚園くらいから取り組んでコツコツやれば、6年生になる頃には3000回は難なくつけます。

ドリブルも同じで、大きく出して走る(ラン・ウィズ・ザ・ボール)のではなく、小さくたくさん触れる。

足の裏も使うことで楽しさは倍増です。

2.子どもたちのアイデアを尊重すること

子どもたちは、自分たちなりのアイデアを持っています。

テレビで観たロングシュートが脳裏に焼き付いていて、試合で試してみたり、スルーパスを出そうとしたり…

その瞬間、憧れの選手のつもりでいろいろやるのです。

スポーツの世界では、何が正解というのはありません。

そのときの判断を尊重しつつ、もっと選択肢があるかもよ?と広げてあげればいいのです。

3.関わる全ての人たちに感謝すること

これも大切な要素です。

サッカーは一人ではできません。

チームメイト、相手チーム、レフェリー、大会運営者、保護者、コーチ、町の人々…

多くの人たちが関わって初めて試合ができるのです。

だからこそ、感謝の気持ちをもってプレーする必要があります。

周りにいる大人たちが、しっかりと感謝をもって子どもたちを見守ることも大切ですね。

子どもたちの頑張る姿から、いろいろなことを学び、応援する喜びももらえるのですから…

最後に…Players First!を忘れずに

「そのトレーニング、子どもたちにとってどう?」

「その言葉、子どもたちにとってどう?」

「その食事、子どもたちにとってどう?」

考えなければならないことはたくさんあります。

4月なので再度こちらもお読みください。

http://www.jfa.or.jp/training/otona/

PLAYERS FIRST! 関わる大人が力を合わせて子供たちに理想の環境を|日本サッカー協会