教室のプレイヤーは子どもたちである。

学校を元気にする!

「学級経営」というと堅いイメージがあるので、私はあまり好きではありません。

子どもたちを管理するようですから…

教師がやりやすい、管理しやすい教室をつくるというのなら、それは残念なことです。

教育を受ける、学ぶ主体は子どもたちです。

受益者は子どもたちです。

教師が主役の教室はちょっと変。

子どもたちのためと言いながら、担任がやりやすいように学級経営をしていく。

教師主導の授業を進めやすくするための授業方略。

何か違います。

子どもたちが主体的に学ぶことができるように、教師は環境を整え続ける必要があると信じて疑いません。

スポーツでも同じです。

監督がいちばん目立っていたらダメなんです。

選手が主体的に考えて対話を重ねながら、絶えず進化を繰り返すことが大切。

教師が話をしている時間も極力少なく、できる限り子どもたちの活動時間を保証する。

子どもたちに何が起こっているのかをよく観察して、子どもたちが壁にぶつかったら解決方法を一緒に考える。

そんなスキルを学ぶには、この写真にある左側の本でもどうぞ!