立ち歩き自由の授業って何だよ!

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

サークルベンチのある教室で

サークルベンチのある教室で5年生たちが学んでいます。

立ち歩き自由…

黒板で担任が説明している姿はありません。

授業してんの?

サボってんじゃね?

大丈夫、この先生?

あっ!それは私です(笑)

みんなそれぞれのペースで

「ここは8時間でやってみようか」と呑気な担任。

子どもたちは、自分で立てた計画をノートに書いてからスタートします。

算数が得意な子は、どんどん学習を進めていきます。

やがて…

「ねぇ…これどういう意味?」

「わかんない…」

「教えて…」

なんて声が聞こえてきます。

担任は、またしても

「どうやって解くんだろうねぇ」

とかはぐらかしてしまう。

完全にひどい人ですね(笑)

みんなで学び合う

気がついたら子どもたちの中に先生が現れます。

「これってさ…こういうことだよ」

「え?わからない?」

「うーんとね…だからさ、こうするじゃん!」

「ああ、そういうことか。ありがとう!」

そんな会話が聞こえてきます。

担任は、よくこんなことを口にします。

「学びには3段階あるんだよ。」

わかる→できる→説明できる

「得意だと思っている人はさ、説明できる人になってね。」

「苦手だと思っている人は、まずはわかる段階まで行こうね」

「でさ…できるようになるために説明してもらえる人に応援してもらおう」

そんな日常がサークルベンチのある教室で繰り広げられています。

明日は、どんなドラマがあるだろう?

楽しみですね。

みんなで学ぶのって楽しいよ!

以上、「立ち歩き自由の授業って何だよ」のお話でした。