新学期にオススメの本

新学期に向けて準備中の皆さんへ、オススメの本をご紹介!

クラスづくりには、いろいろな知恵が必要になります。

お互いに信頼し合うこと、チャレンジができる空間づくり、いろいろとあります。

プロジェクトアドベンチャーを活用するのも一つです。

[amazonjs asin=”4816354069″ locale=”JP” title=”クラス全員がひとつになる学級ゲーム&アクティビティ100 (ナツメ社教育書ブックス)”]

[amazonjs asin=”4761919574″ locale=”JP” title=”プロジェクトアドベンチャーでつくるとっても楽しいクラス”]

教師という仕事について考えてみたい人は、こちらの本がオススメです。

[amazonjs asin=”4845113767″ locale=”JP” title=”せんせいのつくり方 “これでいいのかな”と考えはじめた“わたし”へ”]

[amazonjs asin=”4181380165″ locale=”JP” title=”岩瀬直樹―エピソードで語る教師力の極意”]

子どもたちの自主的な学びにはこちらがオススメ

[amazonjs asin=”4816352007″ locale=”JP” title=”子どもの力を引き出す自主学習ノートの作り方 (ナツメ社教育書BOOKS)”]

[amazonjs asin=”4816354077″ locale=”JP” title=”子どもの力を引き出す自主学習ノート 実践編 (ナツメ社教育書ブックス)”]

そして、すっかりお馴染みのファシリテーションの本、多様なアイデアを共有するのにも有効。

[amazonjs asin=”4759221476″ locale=”JP” title=”よくわかる学級ファシリテーション①―かかわりスキル編― (信頼ベースのクラスをつくる)”]

[amazonjs asin=”4759221484″ locale=”JP” title=”よくわかる学級ファシリテーション②―子どもホワイトボード・ミーティング編― (信頼ベースのクラスをつくる)”]

[amazonjs asin=”4759221549″ locale=”JP” title=”よくわかる学級ファシリテーション3―授業編― (信頼ベースのクラスをつくる)”]

読んで何となく取り入れるのではなく、「なぜやるのか」を明確にして実践することをオススメします。

そして何よりも、技術や手立ても大切だけれど、先生自身がオープンマインドであること。

これがとても重要です。

良い準備ができますように。

タイトルとURLをコピーしました