エディー・ジョーンズの言葉

エディー・ジョーンズの言葉

ワールドカップラグビーで一躍有名になったエディーさんの書籍。

スポーツ指導者の本は、大学生時代から読んでいます。

目標設定、準備・計画、組織形成、規律、教育などの項目があります。

まず、考えるべきはスケジュールではなく、
チームをどこに連れて行きたいか。
つまり目的地だ。

という言葉からスタートします。

これは、どんな組織でも当てはまります。

もちろん、教室でも同じことが言える。

少なくともボクは目的地がないと動くことができません。

スポーツの現場で染みついてしまったというかなんというか…

チームにとって、
まず解決すべきは大きな問題だ。
優先順位を間違えれば、せっかくのレビューも
役立たずに終わる

エディーさんも言うとおり、優先順位を3つに絞ることは重要なことです。

「3」という数字は意図して使うと、いいことがあります。

3ステップで話をしたり、計画を立てたり…

理解しやすいのです。

コーチ業とは、
一つの糸のようなもので
終わりはない。ずっと続いていく。
だから、どれだけ学んでも、
これで十分ということはないんだ

教育の現場でも同じことが言えます。

時代が変わる。

ラグビーだって進化する。

常に学び続けなければいけないってことですね。

この記事をお届けした
ON THE BALLの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!