景観が変わる教室からの光景

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

第2東名

教室から見える光景が日に日に変化しています。

プールの向こうに見える第2東名がグングンと延びています。

遠くに見える箱根の山は、とうとう見えなくなってしまいました。

たしかに道路建設とはいえ、残念な光景です。

人口減少が進む中、本当にこの道路建設が必要なのかは疑問。

子どもたちの教室から見える光景が変わっていく。

田んぼや畑がなくなって住宅や商業施設が建ってしまう。

生活が便利になるのかもしれませんが、子どもたちの遊び場は奪われる。

なんともやるせない気持ちになります。

自然観察

こんなこともできなくなっていくわけです。

田植えや稲刈りの体験も、遠くへ行かなければならなくなって…

四季の自然観察の場も奪われていく。

子どもたちの貴重な体験の場がなくなってしまう。

人口が増える時代には、道路や住宅地を造るのは理解できます。

でも…

日本列島改造計画の時代じゃあるまいし、こうやって広げるのってどうなんでしょう。

街ごとリノベーションすればいいのにと思うのは、私だけでしょうか。

あんまり景観を壊してほしくはないし、子どもたちの遊び場も奪って欲しくないのです。

いいものは残してあげたい。

未来ある子どもたちのために…