大切にしたい「3つの間」

教室にて

卒業まで22日となりました。

卒業式に向けた練習も始まり、期待と不安が交錯しているような毎日です。

「時間」「仲間」「空間」を大切にする

子どもたちに日頃から伝えていることのひとつです。

「時間」は有限であること

一日は24時間しかありません。

どんなにジタバタしても時計の針は進んでいく。

決められた時間内にゴールに向かって全力で走る。

「仲間」と共に歩むこと

どんなに個人で頑張ろうとも限界があります。

違ったアイデアや力を持った友だちの助け船が必要になります。

一人で頑張らず仲間の力を借りながらゴールへ向かっていく。

「空間」を有効活用すること

どこで何を使って目的を果たすのかを考える必要があります。

ノートなのか画用紙なのか、机なのか床なのか、鉛筆なのかペンなのか…

道具も含めゴールに迫るために必要な空間をデザインするのです。

3つの「間」を意識すると行動が変わる

何分で、誰と、どこを活用して進めるか…

「時間」「仲間」「空間」に当てはめながら話します。

すると3つの「間」が意識されるので行動が明確になります。

なんとなく進んでしまう…

そんな悩みがあるのなら意識をしてみましょう。

「3つの間」

オススメです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
教育小学校教諭の仕事
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

記事のシェアはお気軽にどうぞ!
フォローも気軽にどうぞ!
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました