もっと結果を出せる人になる「ポジティブ脳」の使い方(茂木健一郎)

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

もっと結果が出せるポジティブ脳の使い方

もっと結果を出せる人になる「ポジティブ脳」の使い方(茂木健一郎)さんの本を再読。

新しいことを発見できるというよりも頭の中を整理できた感じがします。

毎日、いろんなことをやっているうちにバラバラになったパズルがキレイに揃うような感覚。

メタ認知の話や、ネガティブな感情との付き合い方のヒントもあります。

ありのままの自分を受け入れて自然体でいること。

ストレスのない自分の人生を生きること。

本当のポジティブ思考だとやるべきことを決めて淡々と行動ができる。

やる気なんて不要だったりもする。

たしかに動いていると「正解」「不正解」「良し」」「悪し」を考えてしまうことがあります。

そしてネガティブな感情をもって悩んでしまう。

でも、そこにある事実とシンプルに向き合ってできることに集中する。

他人からどう評価されるかは、人生を生きる上で意味はない。

これをやったら、怒られるかもしれないし嫌われるかもしれない。

だから、とりあえずこうやっておこう。

ホントはそんなことをしたくないのに…

これだとネガティブな感情しか残りませんよね。

「どう感じているのか」→「何がしたいのか?」→行動!

ここに根性論や感情論は不要。

「今、ここ」を生きる。
自分がコントロールできることにリラックスして集中する。
みんなにどう思われるかではなく、自分が何をやりたいかで行動する。

一度限りの人生…

大切なことですね。

さあ、週の真ん中、水曜日!

今日もポジティブにまいりましょう。

Good Luck.