文字がつなぐ人と世界の歴史

文字がつなぐ人と世界の歴史

小学校国語でのお話です。

子どもたちは、とある教材で「日本の文字」について学びます。

ちょうど歴史学習とあわせて、どうやって仮名が生まれてきたのかなどを知ります。

そして、漢文に出会います。

「なるほど、はじめは漢字ばっかりだったんだ」と子どもたち。

文字が生まれたことで、情報伝達はどう変化してきたのか?

口コミ→文字情報

文字を書くことで多くの情報が世界へと届くようになりました。

しかし、今やあっという間に世界中へ配信できる時代。

インターネットなどの情報通信技術が発展し、膨大な情報が世界中を駆け巡っています。

次は、きっと人なのでしょう。

人々がグローバリゼーションの元で、世界中を行き交う文字情報のごとく往来する。

そんな時代に生きていく子どもたちの未来。

今までのような工業化社会モデルでは、もうどうにもならないということを再認識させられる学習でした。

いろんな本を読んで、子どもたちには探求心を育んでもらいたいと思います。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!