✨️Challenge Respect Smile✨️

学校の図書室が「蔦屋書店」だったら

古い書籍ばかり

古い書籍ばかり

「図書室の本は古い」

こんな声が子どもたちから良く聴かれます。

「予算もないし、仕方ないよね」

そう心の中でつぶやいてあきらめていた自分がいます。

「でも、やっぱりこれじゃだめだよな。」

とも思うのです。

予算はないから新しい本が買えずに、図書室はワクワクする空間ではない。

子どもたちの読書環境は改善されるはずがありません。

そこで…

学校図書室を蔦屋書店に!

と声を大にして叫びたい。

常に新しい本を閲覧でき、子どもたちが興味関心のある書籍を揃えて学校でも本が買えちゃう。

おまけに図書室スタッフも常駐していて、子どもたちにいろいろと教えてくれる。

こんなコラボが実現するには、どうすればいいのでしょう?

Screenshot of tsite.jp

代官山 蔦屋書店 | 代官山DAIKANYAMA T-SITE

桑原 昌之

スポーツと教育の現場で子どもたちの成長を見守り続けて来た教育研究家。教職員・保護者・スポーツ指導者向けの研修、ワークショップもしています。秦野市議会議員としても笑顔で活動中。
■詳しいプロフィールはこちら

\SNSをフォローする/
教育
ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
\この記事をSNSでシェアする/
タイトルとURLをコピーしました