読書時間は創るもの

実力派たちの成長戦略

毎週水曜日は「朝読書」

子どもたちは、本を自宅から持ってきたり学級文庫から手にとったりして読み始めます。

15分間とはいえ、落ち着いた空気の中でしっかりと読んでいます。

本を読む暇なんてない

そんな声を耳にすることがありますが、そんなことはありません。

読書はしようと思えばちょっとした時間で可能になります。

オススメは通勤読書

よく雑誌などにも紹介されているので取り入れている人も多数かと思います。

私も電車とバスに乗っている時間を活用しています。

電車に乗る時間は5分、バスは10分程度ですが結構読めます。

特に乗車する人が2,3人しかいないバスの中では集中して読めるのです。

バス読

と勝手に命名して毎朝の楽しみとなっています。

今のバス読の共は、早稲田時代にお世話になった山本真司先生の最新刊。

経営や人生を熱く生き抜くためのヒントが満載です。

おまけに元気になります。

さあ、今日もはりきってまいりましょう!

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!