道路建設を見ながら考える

この記事が気に入ったら、シェアしてくださると嬉しいです(^▽^)

第2東名建設に思うこと

連日のように新東名の建設現場を眺めています。

かつては田んぼだったところに橋脚ができ道路が載せられている。

日を増す毎に道路は延びています。

ICができる現場付近でも田畑がなくなり山が削られている。

こういう現場を見ると何とも言えない気分になるのです。

「そもそも、この道路って本当に必要なんだろうか?」

地元では観光に力を注いで行くような風潮もあります。

地元の観光協会とか市役所の観光課とか…

やたらと宣伝していますから…

たしかにICができれば人も来るのかもしれません。

でも、それって持続性があるのだろうか。

一過性で終わらないだろうか。

自動車に乗る人が減っていく未来…

バブルの頃に建設ラッシュだった各地のリゾートマンションのようにならないか。

自然は元に戻りませんからね。

本当に必要なものって何なんだろう?

こういうのを見ていると、本当によく分からなくなります。

「本当にそれって正しいのか?」

当たり前になっている光景にも、常に疑いの目を持ってみる。

忘れちゃいけませんね。