子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

日常で感じる幸福感と身体感覚

自然と触れ合う時間

何かとストレスの多い現代社会です。

あなたは、どんな時にいちばん幸せを感じるでしょうか。

いろんな瞬間があると思います。

ボクは、朝の新鮮な空気に触れて、太陽を浴びながら深呼吸する瞬間。

「あ~良かった!今日も生きているんだ。」

神様に感謝したい気分になります。

ボクだってストレスフリーではありません。

いろんなものを抱えすぎて、何が何だか分からずにいた頃があります。

メンタル的にもしんどくて、暴飲暴食で太っていった時期も…

カラダが悲鳴を上げていた頃は、ちょっとした幸せにも気づかないものです。

転機は4年前…

思い切ってトレーニングを再開。

9ヶ月でカラダは大きく変化し、心とカラダは繋がっているということを理解しました。

ムダなぜい肉を削ぎ落としてみたら身体感覚が戻ってきたのです。

そうそう、ちゃんとバレーボールをやっていた頃ってこうだった。

ちょっとした変化に敏感で、毎日のように自分のカラダと対話していた。

心がポキッと折れそうなほど疲れたときには、ちゃんと休んでいた。

そんなことを思い出せるようにもなりました。

そして、日常生活のちょっとしたことにも幸福感を見つけられるようになりました。

「お~!太陽が眩しいね。ありがとう!」

「あ~!珈琲がおいしい。ありがとう!」

「ん~!風呂って最高。ありがとう!」

まだまだ、たくさんあります(笑)

まずは、身の回りのことに感謝から始めてみるといいですよ。

それだけで十分じゃないかな?

Good Luck.

 

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
暮らし
\この記事をシェア/

子どもたちを支える大人が元気になる

子どもたちを笑顔にする前に、
まずは大人たちが笑顔じゃなくっちゃね!

第4期(8月)クルー募集中!

「チャレンジ」「リスペクト」「スマイル」
をあなたに

心おどる未来像を描いてみませんか。

ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました