子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

教師の仕事は常夜灯のようなもの

高燈篭

北の丸公園入口にある常夜灯。

明治期には東京湾から良く見えたそうです。

眺めていてふと考えました。

先生という仕事は常夜灯みたいだと…

太陽の光のように強烈だとギラギラしすぎてしまいます。

お日様が主役のようではいけません。

そっと優しい光を放つような感じでいい。

常夜灯は、暗い夜道も照らしてくれます。

遠い沖合へ出ても振り返ればそこにある。

子どもたちが卒業して、大海原へと進んでいきます。

ほとんどの船は、振り返ることはありません。

ところが、いくつかの船は航海を続けるべきか、針路はどうするべきか。

そんな悩みをぶつけに戻ってくることがあるのです。

実際に戻って来なくても、子どもの頃に言われたことを思い出すことがあります。

程度の違いはあれど、ボクらの仕事は子どもたちに大きな影響を与えます。

子どもたちが迷った時に灯を見つけて安心するような優しい光になりましょう。

Good Luck.

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

子どもたちを笑顔にする前に、
まずは大人たちが笑顔でいよう!

第4期(8月)クルー募集中!

子どもと大人が笑顔になるパーソナルコーチング

「チャレンジ」「リスペクト」「スマイル」
をあなたに

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました