スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

チャレンジすることで子どもは伸びる

毎年たくさん作るんです

最後の学習参観を明日に控え、いろいろと思いを巡らせています。

出会った頃の4月は、どうだったかなぁ?
泣いたり笑ったり…
課題が出てくると、みんなでどうするのかサークルになって話し合ったり…

チャレンジする→ふりかえる→チャレンジする

こんなサイクルを繰り返しながら、子どもたちは日々成長してきました。

子どもたちに伝えたかったことは、たくさんあるけれどひとつ選べと言われれば
やっぱり「チャレンジすること」だと答えます。

チャレンジには、苦しみも伴います。
別にやらなくてもいいかもしれない、現状のままで満足してしまった方がラクかもしれない。
でも、人には向上心があるのです。
だから子どもたちには、いろいろなチャレンジをしてほしいと思っています。

現代は、自信を持てない子どもたちが多いと言われています。
確かに、自己肯定感が低い子どもたちに出会うことがあります。

「そんなのできて当たり前」だと大人が言ってしまったら元も子もないです。
ちょっとしたことでも「すごいねぇ、できるようになったんだ!」と肯定してあげたいものです。

少し苦しいけど、そこにチャレンジがある。

残り1ヶ月ほど、しっかりとチャレンジする場を創りたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
子育て小学校教諭の仕事教育
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました