東北に酒あり「榮川」雪中貯蔵特別純米原酒

SAKAE 榮川 雪中貯蔵特別純米原酒

3連休の初日と2日目は戊辰150周年の会津でお世話になりました。

竹田総合病院で生まれてから51年…

街の変化も感じながら過ごした貴重な時間でした。

いつだって会津は温かく迎えてくれるので本当にありがたい。

さて…

酒には弱く祖父に鍛えられたという父から譲ってもらった一本。

従兄弟が土産に用意してくれていたものですが、私がもらい受けました(笑)

「榮川 雪中貯蔵特別純米原酒」

若々しさをそのままに荒々しさだけがまろやかさに成長していき、滑らかな中にも味わい深いお酒に仕上がりました。また「原酒」ですので、日本酒本来の米の味わいの濃厚さも味わえます。

とラベルには記載されています。

なるほど、雪国でもある会津らしい貯蔵法です。

巷で売られている「榮川」とは味わいが違います。

ちょっと辛口、常温で飲むと味わい深く、重厚感もあります。

祖父はどこでも買える「榮川」を燗して飲むのが定番でした。

そして、家の居間からは「東北に酒あり 榮川」の看板が見えたのですが…

ついに見えなくなっていました。

撤去されちゃったのかなあ?

これも時代の流れなんですよね(泣)

とはいえ、榮川は榮川。

会津には、特徴をもった酒蔵が多数あります。

秋上がりの季節が終わると新酒の季節になります。

稲刈りも始まっている会津地方。

正月辺りには、どんな酒が飲めるのでしょうか。

こちらも楽しみです。