再び銀杏が脚光を浴びる日

再び銀杏が脚光を浴びる日

朝から快晴の佐久穂町大日向。

閉校となった旧佐久東小学校の入口で銀杏を見つけました。

何だか肩を寄せ合う家族のようで思わずパシャリ。

この学校の敷地には大きな銀杏があり、大量の実が落ちてきます。

まだ、こちらの学校に児童が通っていた頃は、この銀杏で本を購入していた歴史もあります。

とても大切にされていたのが銀杏であり書籍です。

さて…

昨日、来春の開校を目指す「大日向小学校」(認可申請中)の私学審議会が始まりました。

6月の申請に向けて財団メンバー及び様々な業界の方たちに協力いただきました。

そして、地域の皆さんにも多大なる御協力とご支援を賜っています。

空き家探しをはじめ、財団イベントに関すること、暮らしのことなど…

本当に多くのことを教えていただいています。

おかげさまで無事に1次は通過となりました。

引き続き、応援よろしくお願いします。

しなのイエナプランスクール・大日向小学校紹介 10min

どんな学校を開校しようとしているのか。

紹介動画もあるので、ご興味のある方たちは是非ご覧ください。

笑顔あふれる子どもたちの姿をイメージしながら準備を続けていきたい。

再び銀杏が脚光を浴びる日を心待ちにしつつ、しっかりと2次審査に向けて頑張ろう。

そう感じる秋の日でした。