子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

出会いから201日。そして教室には誰もいなくなった。

20130325-164331.jpg

去年の4月に出会った33人の子どもたちとも今日でお別れです。

子どもたちには、ホワイトボードに思い思いにメッセージを書いてもらい嬉しいコメントをたくさんいただきました。

今年ほど、子どもたちを信じて任せてきた年はないかもしれません。

そんな中、子どもたちには、それぞれが持つ力を見せつけられる一年でもありました。

子どもたちって不思議です。

大人が、「子どもだから…」と見くびっていると子どもはそれなりにしか力を発揮しません。

教えすぎても、そこまでしかやりません。

そんなことを子どもたちは証明してくれました。

今日はいつも以上にみんなに「ありがとう」を伝えます。

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

子どもたちを笑顔にする前に、
まずは大人たちが笑顔でいよう!

第4期(8月)クルー募集中!

子どもと大人が笑顔になるパーソナルコーチング

「チャレンジ」「リスペクト」「スマイル」
をあなたに

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL

コメント

タイトルとURLをコピーしました