いつまでも自由な発想があるといいね

いつまでも自由な発想があるといいね

3歳の孫と過ごす日曜日。

まあ、子守を任されることになったわけですが…

心身共に疲労感が残るボクには癒やしの時間になるかな…

そう思っていたけれど自由奔放な彼のエネルギーに圧倒されました(笑)

「ながぐつでいくねー!」

と玄関を出て駐車場で親戚を待っている時のこと…

履き替える予定の赤い靴に石を詰め始めました。

「おいおい!靴が汚れちゃうじゃない。」

と心の中で思ったけれど見守ることにしました。

「いっぱい、はいるかなー?」

なんて嬉しそうに入れ続けています。

「できたよー!おもたいよ。」

と道路に靴を置いたのでパシャリとやろうとしたらピースサインが(笑)

「たくさん入ったねー」

と伝えると満面の笑みを返してくれました。

撮影後は、靴をひっくり返して元にあったところへ。

靴の中に石が残っていないかまで指を突っ込んで確認しています。

「これではけるよー!ほらみてー!」

「おー!凄いねー。ちゃんとできたねー!」

そんな会話を楽しんで彼の実験は終了しました。

ボクにとっては「靴は履くもの」ですが、彼にとっては「遊び道具」でもあった。

ボクらはいつの間にか、「これはこういうもんだ!」って決めてしまう。

でも、子どもたちは違うんだよなあ。

こういうの大人の世界では「遊び心」って言うんだろうけど…

そういう感覚っていつまでも大切にしたいよなあ。

そんなことを考えた日曜日です。

ありがとう!

子育て
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました