氷点下の朝を迎えた大日向

氷点下の朝を迎えた大日向

朝起きると何だか寒い。

キリッとした冬の空気を感じる氷点下の朝を迎えました。

青空の色がなんとも美しい。

落葉樹は枝が目立つようになり冬の到来を告げているような感じがします。

池の横にある楓は見事な紅葉、その向こうには茂来山と絶景をパシャリ。

「スノボであそぼ!」と題した体育館での運動プログラムを実施。

二人の素敵な講師を招いて、横乗りスポーツの楽しさ3日間で味わいます。

そして、今日は福島県大熊町から視察団がやって来ました。

大熊町といえば会津若松に町ごと避難をした福島原発近くの町。

東日本大震災から8年が経過していますが未だに学校は会津にあるのです。

ボクにとっても大切な生まれ故郷である会津からのお客様。

ローカルな話題もあって楽しく話をさせてもらいました。

福島つながりですから何かしら力添えができたらいいなって思います。

今日は水曜日なので半日授業、午後は研修です。

各教科の進捗状況をチェックしながら12月以降の学習について考える。

それ以外にも学校全体に関わる多くの話ができて良かったなと…

たくさん話して、とにかくみんなで前進していく。

苦しいこともあるけれど、みんなでチャレンジあるのみです。

明日も頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました