【3月初旬発売】「どの子も輝く教室のつくり方」

「俺たちの湘南」J1残留

俺たちの湘南

湘南ベルマーレとの付き合いは何年でしょうか。

とにかく我が家には欠かせない存在である「湘南ベルマーレ」

J1残留をかけたプレーオフの相手は徳島ヴォルティスでした。

前半を観た限りでは、正直言って負けると思っていました。

DFラインで落ち着いてボールを回す徳島に翻弄されている感じでしたから…

でも、結果として同点ゴールが決まって守り切って引き分けで残留。

それはそれで、良かったのだけれど本当にいろいろあった1年でした。

監督の交代劇もあった。

これは「まさか!」と思うような出来事でした。

それだけ長期政権は危ういのだということが想像できる編成だったのでしょう。

スタッフも何年も変わらない顔ぶれだったわけですしね。

まあ、残留は嬉しいし勝利のダンスも嬉しいのだけれど…

相変わらずJ1とJ2の間で戦うような感じのクラブはいかがなものだろうか。

ユースやジュニアユースでの育成は十分なのかなあ。

どうもマリノスや横浜FCと比較すると見劣りしてしまうのはなぜなのか。

この辺りは未だに残念に思うことです。

ユースダイレクターだった敏さんが続投とは個人的には驚いています。

いつまでもビッグクラブにはなれない中堅クラブが湘南らしさだって思うけど…

このまま行くと衰退するだけなんじゃないかと危惧もある。

しっかりとした編成で選手を固めないと苦しいでしょうね。

「湘南スタイル」は進化するのか。

何となく面白みのない堅守速攻になるのか。

新体制発表を待ってみましょう。

とりあえず残留、ホッとしました。

タイトルとURLをコピーしました