【発売中】「どの子も輝く教室のつくりかた」

RESPECTとスポーツ施設

RESPECT

気温はマイナス7度という早朝の信州から横浜へ。

今日は佐久平から新幹線で横浜、新しくなった相鉄を経由していずみ野へ。

ほぼ1年ぶりにかもめパークへ。

今日は神奈川県サッカー協会が主催するフットボールデーです。

午前中は、ウォーキングサッカーとバルシューレの体験。

そして、午後は変わった趣向としてエバラさん協賛によるBBQ教室でした。

「ウォーキングサッカー」×「バルシューレ」×「バーベキュー」

何とも最高な組み合わせですね。

ウォーキングサッカーは、歩いているのに難しい。

バルシューレは思いのほかハードだけれど楽しい。

どちらも多世代で楽しめそうな気もします。

そして、午後のBBQ教室は奥が深くてビックリでした。

今回の企画は、他の事業も相乗りしています。

JFAスポーツマネージャーズカレッジin神奈川リフレッシュ講座も同時開催。

受講生の皆さんとイベントを堪能しつつ「かもめパーク」の今後を考える。

サッカー場・フットサル場の他に、ちょっとした広場や雑木林がある。

土日はたしかにフル活用されている施設だけれど、平日はイマイチ。

こういった施設はサッカー場としては機能するが複合施設にはなりにくい。

周りの人は「サッカーをやるところでしょ。」と思っているし…

サッカーの人たちは、「ボクらの施設だよね。」とか思っている。

そんなこともあって…

大金をかけたのに典型的な箱物施設のようになることがあるのです。

収益性を上げていく努力なくして継続はありません。

そうそう…

新国立競技場も残念な箱物施設になってしまいそうです。

せっかく作ったのに負のレガシーになるのはいかがなものか。

さて、かもめパークに話を戻します。

みんなで知恵を絞ったらあれこれとアイデアが出てきました。

今の状態で可能であろうコンテンツも多数。

そして、実現には整備が必要なもの。

最後は、更なる拡張によって実現できそうなもの。

そんなふうに分類して修了しました。

三人寄れば文殊の知恵とはいいますが…

いろんな実現可能と思えるアイデアばかりです。

「後は実行部隊が必要だよね。」

そうなんです。

一番の問題はそこかもしれません。

アイデアまでは出せるけど実行部隊がいない組織は多い。

せっかく作ったんだからRESPECTをもって活用し続けたい。

それには関係者の皆さんが施設を大切に思うことが絶対不可欠。

どんな組織にもRESPECTは必要だよね。

Enjoy Football.

タイトルとURLをコピーしました