【発売中】「どの子も輝く教室のつくりかた」

「共に学ぶ」から楽しい

「共に学ぶ」から楽しい

新型コロナウィルスに関するニュースが連日報道されています。

夕刻には首相からの声明がもあってバタバタと夜遅くまで会議となった木曜日です。

まあ、それはそれで仕方がないけれど、できる限りのことを尽くしたい。

さて、教室でのワンシーン。

教室では、それぞれの子どもたちがそれぞれのペースで学んでいます。

どこでやるのも自由ですから、どこかに集まって学んでいるなんてことは当たり前。

周りに気を配って小声で「あーじゃない!こーじゃない!」と話しながら進める算数。

4年生の子どもたちが3名で学習を進めています。

「これどうやってやるんだっけ?」

「ここは、こうやるんでしょ」

「あー!思い出した。サンキュー」

とか…

協力してマルつけをしていることもある。

ひとりでやっていて先生に確認してもらうなんてことはないのです。

マルをもらったから素晴らしくて、バツだったからダメなんてこともない。

時には関係のない話が混ざることもあるけれど…

「共に学ぶ」ってのは本当に楽しいようです。

なんと言っても自分のペースで進められる。

困ったら友だちと話しながら解決できる。

いつの間にか当たり前になっている光景です。

こんな光景を見るのがボクは大好きなんだよなあ。

さてさて…

明日は2月の最終日。

ちょっと大変そうですが、楽しまないとね!

タイトルとURLをコピーしました