【発売中】「どの子も輝く教室のつくりかた」

子どもたちに会えないまま4月が終わる

子どもたちに会えないまま4月が終わる

快晴の大日向、早朝から茂来山も綺麗でした。

風が吹けば桜の花びらがヒラヒラと舞うようになり、とても素敵な春の光景が広がっています。

なのに…

子どもたちの姿は、今日もなく本当に寂しい4月を終えることになりました。

それでも、チラホラと教科書を取りに来てくれる子どもたちと会えるだけでも嬉しかった4月。

「やっぱりな…」緊急事態宣言の延長のニュースが飛び込んで来ました。

緊急事態宣言、首相が延長の方針示す…「日常に戻ることは困難」 : 政治 : ニュース
安倍首相は30日、首相官邸で記者団に、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた5月6日までの緊急事態宣言について、「5月7日からかつての日常に戻ることは困難と考える」と述べ、期限を延長する方針を示した。

ボクがお気に入りのラジオ番組でも、ナビゲーターたちが言い続けていたので想定内ですが…

ボクはボクで出口が見えないまま、ずっとここにいる。

家に帰ることもできないまま過ごすのも本当にストレスが溜まります。

刻々と変わるゲーム展開というか何というか…

サッカーでいえばセンターサークル付近でボールの奪い合いを激しく展開している感じ。

どっちのゴールへ進むのか分からないので、スタンドからはジリジリと苛立ちも見えて来る。

そんな光景を俯瞰して見る必要があるわけで、そのうちどちらかのサイドへボールも転がる。

学校内でも情勢を注視しながら議論をする日々が続きます。

明日も何やら文部科学省から発表があるらしい。

また、それを念頭に置きながら再考しなければいけないけれども…

「全てはみんなのために」

しっかりと考えようと思います。

 

P.S.
今日はボクの弟の誕生日(50歳)なんだけど祝ってやれなくてすまん。
LINEだけで我慢してくれよな(笑)

タイトルとURLをコピーしました